膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 立ち上がるときに
    膝に痛みが走る

  • 膝の痛みは
    年だから
    仕方ないと諦めた

  • 何度も膝の痛みを
    繰り返すのに
    悩んでいる

  • 可能なら膝の痛みを根本から改善
    したい

膝の痛みは治らないと諦めていませんか?
筋肉を緩めて根本から改善しよう

膝の痛みを訴えて医療機関を受診すると、「骨と骨の間が狭くなっている」
「軟骨がすり減っている」と説明されることが多いです。

 

しかし、骨や軟骨と膝の痛みは関係ないことも多いのです。

 

膝の痛みが年のせいだと諦めているのであれば、
整骨院での施術によって改善できるかもしれません。

膝の痛みでお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

つらい膝の痛みの原因はなに?痛みの場所によって疾患かどうかが分かるかも!

椅子から立ち上がるときや、動作を開始するときに膝の痛みが出ることは必ずしも珍しくありません。
普段は痛みがない方であっても、正座をした後に立ち上がると痛みが出ることもありますよね。

実は、膝の痛みが出る場所によって、その痛みが疾患か、筋緊張があるからなのか見分けることが可能です。

 

【膝の痛みはどんな方にみられる?】

 

膝の痛みはどのような年代の方にも起こり得ますが、以下のような方に多くみうけられるようです。

 

◆中高年女性

膝に痛みを訴えて整骨院を受診される方の中で、もっとも多いのが中高年の女性です。
特に膝の内側に痛みを訴えられるケースが半数以上を占めています。

 

◆部活動中の児童や生徒

整骨院に膝の痛みを訴えて来られる方の中には、部活動中の児童や生徒もいます。
運動中のケガはもちろんのこと、オーバーユースが原因で膝の痛みを発することもあります。

部活動で傷める場所としては、膝蓋骨(いわゆる膝のお皿)の上下や、膝の内側膝の外側など疾患によっていろいろな場所があげられます。

 

【膝の痛みの原因】

 

膝の痛みの原因としては実にさまざまなことがあげられていますが、骨や軟骨が関係ないケースも多々あります。

 

◆筋肉や筋膜の緊張

膝の関節は太ももの骨(大腿骨)すねの骨(脛骨)で構成され、その上を膝蓋骨が覆っています。
それぞれの骨には筋肉が付着しており、その表面を筋膜が覆っています。
筋肉が収縮することで、膝の曲げたり伸ばしたりすることが可能となり、過剰に動きすぎないように筋膜が保護しているのです。

筋肉の使いすぎによって筋肉がガチガチに硬くなったり、筋膜が硬くなって筋肉の動きを邪魔したりすることによって、筋肉が付着している部分に痛みを生じやすくなります。

 

◆オーバーユース

部活動を行っている児童や生徒など、膝周りの筋肉を使いすぎることで膝の痛みのリスクが高まります。

 

◆膝の痛みをもたらす代表的な疾患

●変形性膝関節症

●関節リウマチ

●半月板損傷

●膝関節靭帯損傷

膝の痛みを悪化させないための対処法と改善法や予防法について

膝に痛みがあると安静にしていたほうがいいのか、それとも適度に身体を動かした方が良いのか、悩まれる方も多いと思います。
そこで、膝の痛みの種類別に対処法を紹介したいと思います。

 

【膝の痛みが疾患による場合】

 

何らかの疾患によって膝の痛みが現れている場合、疾患ごとに対処することが重要となります。
そこで、代表的な疾患と対処法についてみていきたいと思います。

 

◆変形性膝関節症の場合

変形性膝関節症というと、軟骨がすり減って骨同士がぶつかることで起こると説明されますが、実は、痛みを感じる器官が存在しないため軟骨や骨と膝の痛みには因果関係が認められません。

では、なぜ変形性膝関節症によって膝に痛みが起こるかというと、その多くは筋肉や筋膜の牽引力に寄ります。

 

◆関節リウマチの場合

膝にまで関節リウマチによる痛みが出ている場合、かなり症状が進行している可能性も疑われます。
そのような場合は、まず原疾患の治療を優先させましょう。

 

◆半月板損傷

半月板損傷がある場合も、まずは原疾患の治療を優先させます。
並行してリハビリを行うことも重要です。

 

◆膝関節靭帯損傷

靭帯を損傷している場合、まずは損傷部位の回復を促します。
同時に、患部に適切な負荷をかけることで回復を促進します。

 

【膝の痛みの改善法や予防法】

 

膝の痛みの多くは筋肉や筋膜の緊張によってもたらされることが多いため、普段から筋肉や筋膜を柔軟に保つことが重要です。

 

◆大腿四頭筋を緩める

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)は、太ももの前にある筋肉の総称です。
個々を緩めることで膝の骨にかかる牽引力を弱め、膝の痛みを改善することが期待できます。

 

◆ウォーキング

人間の身体は「動かさないと動かなく」なります。
日ごろから適度に身体を動かし、筋肉を刺激することが重要です。

春日部駅前鍼灸整骨院【膝の痛み】アプローチ方法

【施術の流れ】


①膝の痛みを出している原因を問診・各種徒手検査などでみつけ出します。

膝の痛みの原因は患者様ごとにさまざまですので、この問診・検査で
「膝の関節が問題なのか?」「
筋肉の問題なのか?」「腰の問題なのか?」
など、考えられるあらゆるケースを想定して対応していきます。

②症状により周囲の筋肉の緊張を「保険施術」「超音波治療器」「鍼灸施術」で緩めたり、関節の動きを改善して可動範囲を広げます。

③症状が重い時は膝への負担を減らすため、包帯・固定具を使い固定を行います。

④痛みの原因が大腿部(ふともも)の筋力低下によるものの場合は、「楽トレ」を用いて、根本的な痛みの解決を行っていきます。

著者 Writer

著者画像
齋藤 宏明(さいとう ひろあき)
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:春日部駅前鍼灸整骨院
住所〒 344-0061 埼玉県春日部市粕壁1-8-11
最寄春日部駅 徒歩0分
駐車場なし
近隣のコインパーキングをお使いください
駐車場代100円をキャッシュバックいたします
                                 
受付時間
10:00〜
13:00
×
15:00〜
22:00
× 10:00~
18:00
昼休憩なし
10:00~
18:00
昼休憩なし
休診日:木曜日
土曜・日曜・祝日 10:00~18:00 ※昼休憩なし

春日部前鍼灸整骨院公式Twitterアカウント 春日部前鍼灸整骨院では公式SNSアカウントを運用中!

春日部前鍼灸整骨院公式Twitterアカウント 春日部前鍼灸整骨院では公式SNSアカウントを運用中!

公式SNSをフォローするといいこと

  • 施術内容をご紹介しています!
  • 院内の様子をご覧いただけます!
  • 新しい施術などのご案内をしています!